離婚相談・離婚協議書作成・公正証書作成代行・養育費請求・内容証明作成  大阪市鶴見区の行政書士


竹本行政書士事務所竹本行政書士事務所
TEL06-6913-0226E-mail kts-office@occn.zaq.ne.jp
離婚協議書・公正証書・内容証明などを作成離婚協議書・公正証書・内容証明などを作成

〒538-0052 大阪市鶴見区横堤3−3−19 国広ビル602号

日本行政書士会連合会 登録番号06261883号/大阪府行政書士会 会員番号 第5293号(旭東支部所属)

トップ     プロフィール   お問い合わせ   リンク    サイトマップ
面接交渉権

面接交渉権とは、離婚後、親権者もしくは監護者とならなかった親が、
その未成年の子と会ったり連絡を取ったりする権利のことです。


子を引き取った側が、一方的に子供を相手に会わせないことはできません。
別れて暮らす親に会うのは、子の権利でもあるからです。


ただし、暴力をふるう、連れ去られる恐れがある、
など、子の福利または利益を害するときには、制限を受けることになります。


面接交渉権の取り決めにあたっては、
どのぐらいの頻度で会うのか、
どこで会うのか、
宿泊はしてもよいのか、
学校の長い休みのときにはどうするのか
、など、
なるべく具体的に取り決めておきましょう。

・面接交渉権と養育費

子どもに会う権利と養育費は、法律上別個の項目です。
「子どもに会わないから養育費は払わない」
「養育費を払わないから、子どもに会わせない」

というのは協議書上は成り立ちません。

それぞれ別々に協議しなければならないでしょう。

ただ、養育費を払う立場からは、
お子様と会えることは養育費を払う意欲を保つ事が出来るでしょう。

逆に会えなければ、養育費が滞納しがちになってしまうでしょう。

やはり、面接と養育費のバランスを保っていくことが一番望まれます。

暴力や虐待など、お子様の福祉に反することがなければ
面接の機会を与えることが望まれます。
竹本行政書士事務所

竹本行政書士事務所
TEL 06-6913-0226
(受付時間:10:00〜22:00)
E-mail kts-office@occn.zaq.ne.jp
初回メール相談無料
またはお問い合わせページをごらんください。
必ず、
住所、氏名、お電話番号をご入力ください。
平日・休日とも原則24時間以内に返信いたします。

面談によるご相談は、有料(5,000円/1時間)となります