離婚相談・離婚協議書作成・公正証書作成代行・養育費請求・内容証明作成  大阪市鶴見区の行政書士


竹本行政書士事務所竹本行政書士事務所
TEL06-6913-0226E-mail kts-office@occn.zaq.ne.jp
離婚協議書・公正証書・内容証明などを作成離婚協議書・公正証書・内容証明などを作成

〒538-0052 大阪市鶴見区横堤3−3−19 国広ビル602号

日本行政書士会連合会 登録番号06261883号/大阪府行政書士会 会員番号 第5293号(旭東支部所属)

トップ     プロフィール   お問い合わせ   リンク    サイトマップ
離婚協議の進め方


・協議離婚の進め方


協議離婚が離婚全体の9割以上を占めています。
また、配偶者が行方不明などの特殊な場合を除いて、
調停や裁判を経る場合でも、
最初には協議(話し合い)というステップを踏むことになります。


まずは、子供のことやお金のことについて、
自分の要求、主張事項などをまとめておきましょう。
できたら、話し合いの席で、離婚協議書のたたき台があると、話し合いがしやすいことと思います。

何もないところから、一から始めると、だだでさえ感情のもつれがあるところに、
いたずらに時間ばかりかかって
心身ともに疲労してしまうことにもなりかねません。


しかし、離婚協議も相手があるものですから、
一方的に自分の要求のみを通そうとするのではなく、ある程度妥協点のようなものを決めておき、
相手の出方をうかがって譲歩しつつも、
なるべく自分に有利なところに決着できるようなかけひきが必要です。


夫婦二人だけで話し合いを進めることが困難だと感じたら、
冷静な第三者に同席してもらうのも、一つの方法です。

それでもなおかつ話し合いがまとまらないときは、
調停に進むことを考えてみてください。

・ 離婚の準備

離婚を考え始めた際、現実的なことも考えなければなりません。
パターン別に説明いたしますと…


@財産分与を行う際に、

相手側はどれだけの資産をもっているのか自分自身で調査しなければなりません。


いざ離婚を決めても、相手が資産を隠しては離婚の際に不利になってしまいます。


離婚の話し合いをする前に

預金通帳、有価証券などの財産的価値のあるものの存在を示す書類や

確定申告書の控えの写しなどがあると

後の離婚の話し合いの便利であり有利になるでしょう


A不倫について


不倫における慰謝料請求では

裁判などのためにあらかじめ準備したほうがよいでしょう。


その証拠などは時が経つと失われ後に証明することが難しい。

しかも、相手に知られると、力ずくで取り返されたり破棄されるケースが多いです。


証拠を確実に集めるには
慎重に、相手に知られず早期に収集し
大切に保管することがよいでしょう。


いざ相手に示す時には原本は手元には置かずコピーを示すのが良いでしょう。

相手の気持ちを軟化させることができるかもしれません。


証拠になるようなものとしましては

Eメール、手紙、写真、行動の記録

ホテル・高速道路の領収書、

家族に関係のない(アクセサリーなどのプレゼント)買い物についての

クレジットカードの明細・領収書などを


B暴力について


相手の暴力を理由に慰謝料請求する為には、暴力があったという事実を認めてもらう為に

客観的な証拠を整理しなければなりません。


たびたび暴力をふるわれたら、過去も含めて暴力をふるわれた日、

どのような暴力か、どうゆう怪我をしたか記録しておく


その怪我が治療を必要としたものであれば、軽重を問わず病院へ行く


また怪我の様子を写真に撮っておきましょう


以上のような手段などで証拠を確保しておきましょう。


C自立のため

慰謝料や財産分与では離婚後の生活までまかなうことは不十分でしょう。


離婚後は過去に頼らず、できるだけ早く自立して

生活するだけの準備は必要になってきます。


資格、仕事などの目星は確保しておきたいものです。


離婚の当初は言葉をかえると初期投資が必要となってきます。

お金に関して、就職に関して、転居などに関して。


充分な準備を備えておきましょう。


・ 離婚協議の進め方のご相談を承ります


相手にどんな要求ができるのか、
各種金額の算出や、話し合いの際の離婚協議書のたたき台作りを承っております.
ご自分一人で闘うのは困難と感じたら、
お問い合わせください

←お問い合わせ

竹本行政書士事務所

竹本行政書士事務所
TEL 06-6913-0226
(受付時間: 10:00〜22:00)
E-mail kts-office@occn.zaq.ne.jp
初回メール相談無料
またはお問い合わせフォームをご利用ください。
必ず、
住所、氏名、お電話番号をご入力ください。
平日・休日とも原則24時間以内に返信いたします。

面談によるご相談は、有料(5,000円/1時間)となります

<ご注意>
・離婚そのものを勧めることはいたしません。
・弁護士などが行う代理行為は一切行いません。非弁行為として違法になります。
・当事者の間に立って、仲裁や和解をすることはいたしません。
法令や根拠ある情報を提供し、活用していただくだけです。
離婚を決断された場合はお手続きをご協力します。


当サイトで公開されている情報のご利用については、自己責任で行ってください。
当サイトの管理者は、ご提供した情報に起因する一切の責を負いません。