離婚相談・離婚協議書作成・公正証書作成代行・養育費請求・内容証明作成  大阪市鶴見区の行政書士


竹本行政書士事務所竹本行政書士事務所
TEL06-6913-0226E-mail kts-office@occn.zaq.ne.jp
離婚協議書・公正証書・内容証明などを作成離婚協議書・公正証書・内容証明などを作成

〒538-0052 大阪市鶴見区横堤3−3−19 国広ビル602号

日本行政書士会連合会 登録番号06261883号/大阪府行政書士会 会員番号 第5293号(旭東支部所属)

トップ     プロフィール   お問い合わせ   リンク    サイトマップ
慰謝料

不貞や暴力など、離婚原因を作った配偶者に、損害賠償として請求できます。
離婚の原因が双方にあるときや、性格の不一致などが原因で、
どちらに非があるのかわからないような場合には、請求できません。


金額は、受けた苦痛の度合いや支払う側の資力によって、話し合いで決めます。
財産分与と合わせて話し合うケースが多いでしょう。


また、離婚原因が浮気の場合、浮気の相手へも請求できます。
結婚年数、不貞行為の程度、夫婦関係の破綻の程度などによって決められますが、
調停や裁判での相場は
100万〜200万ぐらいです。

慰謝料と財産分与の違い

財産分与と慰謝料の大きな違いは、

慰謝料の場合、離婚に至るまでの状況などによって、

離婚の際に必ず請求できるとはとは限らないという点です。


まず財産分与とは、離婚に際して、

結婚生活で築いてきた夫婦の共有財産を清算することを指します。

もし自分自身に離婚原因を作った責任があったとしても、

対象となる共有財産があれば請求できます。


一方、慰謝料とは、離婚原因を作った側、すなわち加害者が、

精神的苦痛を受けたすなわち被害者に支払う損害賠償金の事です。


したがって、性格の不一致など、離婚原因が夫婦双方にある場合には、

慰謝料を請求する事はできないのです。


普通、離婚イコール慰謝料と思いがちです。


しかし、実際の離婚では、財産分与が請求の中心であり、

財産分与に慰謝料の要素をプラスして一括で請求する場合も多いようです。

←お問い合わせ
慰謝料Q&A

Q、慰謝額の算定の仕方とは?

A、人によって受ける精神的苦痛の度合いも異なり、慰謝料額について明確に定めることが困難です。

判例や学説は、慰謝料を算定する際に考慮すべき事項として、

@離婚の有責性の程度

A背信性の程度

B精神的苦痛の程度

C婚姻期間

D当事者の社会的地位

E支払能力

F未成熟子の存在

G離婚後の要扶養などをあげています

竹本行政書士事務所

竹本行政書士事務所
TEL 06-6913-0226
(受付時間: 10:00〜22:00)
E-mail kts-office@occn.zaq.ne.jp
初回メール相談無料
またはお問い合わせフォームをご利用ください。
必ず、
住所、氏名、お電話番号をご入力ください。
平日・休日とも原則24時間以内に返信いたします。

面談によるご相談は、有料(5,000円/1時間)となります

<ご注意>

・離婚そのものを勧めることはいたしません。
・弁護士などが行う代理行為は一切行いません。非弁行為として違法になります。
・当事者の間に立って、仲裁や和解をすることはいたしません。
法令や根拠ある情報を提供し、活用していただくだけです。
離婚を決断された場合はお手続きをご協力します。


当サイトで公開されている情報のご利用については、自己責任で行ってください。
当サイトの管理者は、ご提供した情報に起因する一切の責を負いません。